一般に空き巣は、5分以内に侵入できなければ、7割は諦めると言われております。
主な手口は、サムターン回し、ガラス割り、ピッキング、こじ破り等があります。

Aクレセントの周辺に防犯シートを貼ります。(費用3〜5千円/1ヶ所部分貼り)

B木製のドアには落とし釘なども有効です。費用も掛からず有効です。(費用 300円〜1000円取付費別)

我が家の防犯の対策

@クレセント以外にもう一ヶ所補助錠を付ける。(最近のサッシは着いています。)レールの間にねじ込みタイプの防犯鍵が有効です。

A鍵を複数付ける。この場合ドア・引き戸によっては付けられないケースもあります。(費用 2万円〜5万円)

4.防犯灯・防犯カメラの設置

−−侵入のほとんどがガラス割りによるものです。−−

多溝キィー

通常キィー

B格子を付ける。シャッター付アルミサッシに取り替えます。

@侵入対策として、ピッキング(特殊工具を鍵穴に入れ開ける)が行い難い鍵に交換する方法があります。比較的簡単に行えますのでご相談下さい。(費用 1万円〜3万円)

A防犯カメラの設置は、環境により1方向のみで効果のある場合、数台組み合わせないと効果が得られない場合では、費用が大きく違います。TVカメラと記憶装置を1台ずつ組み合わせた防犯システムで済む場合でも20万円位は掛かりますのでご相談に応じます。

@現在ベル、通話式インターフォンをご使用の方は、その線を利用してテレビ式への変更が容易に出来ます。高級機では、訪問者の顔写真を記憶する機種があり、空き巣が在宅確認にインターフォンを利用した場合、犯人逮捕の切り札となります。(費用2..5〜10万円 )

3.インターフォンの設置

@熱感知式のセンサーライトを付ける。(費用5〜50千円/1ヶ所 電気工事は別途)

1.玄関鍵の交換・追加

ディンプルキィー

2.サッシ廻りの対策